アートメイクの魅力

ネイルアートとは異なりますが、最近、ネイルアートやまつ毛エクステとともに人気を得ているのが、アートメイクです。

アートメイクというと、刺青のように痛いのではないかとか、
一回入れたら一生色が消えないのではないか、とか、
また「いかにも書きました」というメイクで不自然ではないか、などといった
不安の声をよく耳にします。

 

確かに昔のアートメイクは否定できなかった部分もあります。
だからこそ、ずっと人気が出なかったのかも知れません。

でも、最近のアートメイクは技術の進歩が著しく、
これまでのアートメイクに対する認識を一遍してしまうようなものになっています。

 

まず先に誤解をといておきますと、
アートメイクと刺青では、色を入れる皮膚の深さが違うため、
痛みも違いますし、一生消えないということはありません。

むしろ、7〜8年ほどで色が薄くなったり消えてしまったりするため、
3年ほどおきにリタッチ(色を入れなおすこと)を行う必要があります。

また痛みに関しても、今は痛みをかなり抑えてできるようになっており、
アートメイクのサロンによっては全く痛みを感じないというところもあります。

※痛くないアートメイク(東京のみ)を一つ紹介するならば、「アスティエ」がお勧めです。

 

アートメイクのデザインに関して言えば、
昔特に不自然さ満点だった眉のアートメイクなどは、
「3D眉」や「3D刺繍アートメイク」といった、眉の毛を一本一本丁寧に、
立体的に描いていく技術が普及しており(アートメイクサロンによって適用可否があります)、
かなり自然でナチュラルに見えます。

 

アートメイクの魅力は何といっても、メイクを落としても目力のあるすっぴんでいられること。
また、生まれつき毛が薄くて眉毛やまつ毛の本数が少ない人(脱毛症)でも利用できるため、
改めてその価値が見直されています。

 

婚活パーティー 都内婚活パーティー 横浜記事サービス